ゴールの決め方

O脚を改善するために

まず必要なことが

どんな脚になりたいかです。

 

単に膝が付けばいいの

そもそも脚の形自体を

きれいに

いわゆる「美脚」にしたいのか。

 

これは今の脚の状態で

決まるようです。

 

膝の間がとても開いていて

とにかくつけたいと考える人もいれば

「少女時代」のような美脚を

目指す方もおられます。

 

また、

足の太さも変えたい

という方もおられます。

 

膝下O脚が気になる方もおられます。

 

どんな脚になりたいかは

人それぞれ違うといえます。

 

健康塾では

初回時の問診(カウンセリング)に

特に力を入れています。

 

まず、

パーソナルカードに記入をお願いします。

項目が多くだいたいこれを

記入していただくのに

5分から10分ぐらいかかります。

 

次にこのカートをもとに

カウンセリングを始めます。

 

最初にざっくりとした脚の形を

把握したいので

その場で立っていただいて

脚を見せていただきます。

 

この時点で

「O脚」「XO脚」「U脚」に大別します。

 

次に横を向いていただいて

反張膝の確認をします。

 

反張膝(はんちょうしつ)とは

膝を伸ばすと反り返った状態になること。

 

前と横からの観察で

矯正方法を決めます。

 

次にその矯正方法を

もとに原因の推測に入ります。

 

ここからは

私の方からの質問となります。

 

特に成長期の運動歴と

働いている人は

勤務形態です。

 

施術というのは

基本ベッドに横になっていただいて

調整をします。

 

この状態では

各関節に重力がかかりません。

 

しかし、

日常生活は寝ている時以外は

常に重力の影響をうけます。

 

この部分を意識して

O脚矯正をするかしないかで

効果が大きく違ってきます。

 

単純に膝の間を寄せるだけでは

O脚は絶対改善しません。

 

25年間O脚矯正をやってきて

初回時に結果の出せる

調整法に行きつきました。

 

どんなに脚になりたいかと
というゴールを設定することは

とても大事なことです。

 

しかし、

一番大切なことは

正しいスタートをきることです。

Follow me!