寝るだけで治るO脚

このT子ちゃんのタイプのO脚は

立っている時はかなり

膝の間が開いている

O脚なんですがベッドに寝ると

膝の間が開かない特徴があります。

 

反張膝のO脚の場合は

過伸展が原因なので

ベッドに寝た場合

真っ直ぐな脚の方が結構おられます。

 

そのことに気付いてない方が多い。

鏡の前で自分の脚を

見ることはできても、

 

ベッドに寝た状態の脚は

見ることがありません。

 

ですからベッドに寝てもらって

写真を撮ってあげると

みんなおどろかれます。

 

そのことが頭をよぎったので

iPhoneの向こうの

T子ちゃんのある動作を

してもらいました。

 

すると膝がぴったりと

付いたではありませんか。

 

iPhoneで撮影していた

T子ちゃんのお父さんが

一番おどろいたようです。

 

それを見た私は

その体操をしばらく続けてみるように

アドバイスをして電話を切りました。

 

それから私はT子ちゃんの

お母さんにこう切り出しました。

 

T子ちゃんの痛みの原因は

この膝の柔らかさで

バレエをする時に

重心がぶれてしまうので

 

普通の人より膝周りの

人体にかかる負荷が

大きいからだと思います。

 

ですから、

O脚を治すということより

体幹のバランスをまず調整して

膝が安定するように

トレーニングをしてもらいます。

 

という話をして

それまではさっきお伝えした

体操をやってもらって

一週間後に来てもらうことにしました。

 

一週間後の夕方

お母さんに連れられて

T子ちゃんが健康塾に

制服のままやってきました。

 

パーソナルカードに

記入してもらった後

着替えてもらって

検査のための写真撮影をしました。

 

正面、下肢、上半身、そして横面。

 

その横からの撮影の時

異様に反っている腰が

気になりました。

 

たぶんこれが原因だろうな。

 

続く

Follow me!