膝下O脚の間違った治し方

膝下O脚を改善するのは
単に膝の間を寄せるという調整法では改善しません。
なぜなら膝がもう既についているからです。

その状態で膝の下のふくらはぎを
付けようとする膝がぶつかって動きません。

この場合は膝を寄せるのではなく
回旋を加えて調整します。

そしてその回旋(ねじり)を骨盤を使って
動かします。

寄せとひねりを同時に操作します。

[ws_table id=”1″]

Follow me!