O脚矯正 大阪 一回でびっくりする程、骨盤が狭くなった

健康塾のO脚矯正は
初回時に93%の方に
確かな手ごたえを提供してきました。

 
その秘密はO脚の分類法です。
3種類のO脚のタイプ
2種類の膝の状態
2種類の足首のタイプ
で分類して考えていきます。

 
それぞれの変形に対しての
すべての変形がある場合
2分類で変形のある人を考えると
細かく組み合わせると
18通り、24通りとなりますが

 
その組み合わせてはまれで
通常は3種類のO脚タイプと
膝のタイプで6種類で
殆どの人は当てはまります。

 
初回時にきちんと効果を
出すために必要なことは
O脚のタイプを見極めることです。
 
最初写真を撮るときは
親指と踵をピタッとつけて
写真戸を取ります。

O脚であっても
つま先を開いて立つと
膝の間は狭くなります。
 
まして施術前後の写真を撮る時に
同じ角度で写真を撮ることは難しく
ごまかされてしまいます。
 
親指と踵を付けて立っていただくと
一番膝の間が開いた状態になるので
その状態を施術前後の基準とします。
 

美容整体に限らず
施術の前後で写真を撮るとき
条件が変わってしまうと
客観的な判断ができず
施術の効果を見て
次の段階ヘ進めないのです。
 
それと一番の間違いは
つま先を開けて力を入れると
膝の間が寄るのではなく
膝が過伸展を起こして
膝の裏が寄るだけなのです。
 
そこが落とし穴です。
O脚矯正は膝の間を寄せるのではなく
下肢の内旋を改善するのが
本当の目的だからです。

O脚でお悩みの方は
O脚矯正20年の実績で
答えを出していきます。

Follow me!