O脚が確実に改善する為にはO脚になる原因がたくさんあった方が治しやすい

健康塾に小顔や
輪郭の矯正に来られる方には
初回時に時間をしっかりかけて
カウンセリングをします。

座位で正面から肩の高さ
顔のゆがみを見ます。

次に肩の位置前に
出ている状態を見ます。

この状態で
体の本来の状態の説明を
解剖図を見ながら説明します。

次は良い姿勢をしてください。
と指示します。

この時ほとんどの方が
肩の位置は変わらずに
腰をそらす動作をします。

この動作は
O脚改善にはあまり
良くありません。

次に立位で写真を撮ったり
動いてもらって
運動分析をします。

ここまで来ると
かなりの歪みを
認識されます。

すると自分のO脚は
とても悪いのではないかと
がっかりされます。

しかし逆にいうと
歪みがあることによって
O脚や歪みがあるとしてたら
それを一つ一つ
改善していけば良いという事です。

もし検査をしても歪みがなく
それでもO脚に
なっているとしたら
反って改善していくのが
難しいといえます。

[ws_table id=”1″]

Follow me!