O脚と内臓機能低下(前編)

O脚矯正をする時に
とても重要な筋肉があります。
お腹の中にある
腸腰筋(ちょうようきん)という筋肉です。

 
この筋肉は、腰椎(腰の骨)の前面から
小転子(太ももの内側の骨の出っ張り)
までつながっている筋肉です。
この筋肉は骨盤矯正にとても関係があります。

 
これまでは、
骨盤矯正といえば、
腰痛改善の治療方法として行われていたようですが、
最近では、
美容やダイエットにも効果があるとして
若い人から中高年にいたるまで
幅広い方に注目されています。

 
骨盤のゆがみを矯正するためには、
整体のプロの施術を受けることで整える事ができます。

 
ゆがみがなくなると、
体のラインがきれいになりますので、
内臓機能も自然と整えられ、
ホルモンの乱れを改善し、
代謝もアップできると言われています。

 
内臓機能が活発になりますので、
自然と血行促進が高まり細胞の老化を抑制でき、
痩せやすい体質を作ることもできるといいます。

 
骨盤のゆがみは、
日々の生活の癖により引き起こされます。

 
床に座るときの姿勢や、
椅子に座る時の足組み姿勢、
肩肘をつく癖や片一方の肩ばかりを使ったりと
無意識の動作により骨盤の
歪みやズレを生じさせているのです。

 
これはO脚の大きな原因です。
骨盤の歪みを修正することは、
美容や健康、
ダイエットに効果があるばかりではなく、

 
現在不妊症に悩んでいるという方の
改善にもつながると言われていますので、
特に女性は1日も早く
骨盤のゆがみを治すように心がけましょう。

 
続く

Follow me!