ヒップアップして脚長に見える体操

O脚の原因として
大腿部(ふともも)の内旋があります。

太ももが内旋(内ねじれ)すると
坐骨間が広がってきます。

骨盤が広がるとよく言いいますが
骨盤は扉の様に左右に開くことはありません。

専門で的になりますが
恥骨と仙腸関節を支点に開閉動作を
少しだけします。

ですから、
骨盤が開くときの多くの動作として
坐骨の間が開いて
お尻の横の大転子(だいてんし)が
飛び出したように見えます。

しかし、これは大転子が
飛び出しているのではなく
骨盤と一緒に外側に転移するだけです。

これを戻すにも
横から力を入れても
その大転子の受け皿である
骨盤があるので内側には動きません。

外側に外線動作を取りながら
関節臼に戻していく方法を取ります。

これはO脚矯正のキモでもありますが
自分で体操していくこともできます。

ただ最初は動きやすいように
専門家に道筋をつけてもらった方が
体操もやりやすくなります。

[ws_table id=”1″]

Follow me!