膝下O脚・膝の横の出ている骨を引っ込めて美脚を手に入れるために今一度考えないといけない事とは

O脚矯正のポイントは股関節、膝関節、脛腓関節です。
脛腓(けいひ)関節ってどこ?
と言わるかもしれませんが脛腓関節とは、今日のタイトルにある膝の横の飛び出た骨の関節です。
この膝の横の飛び出た骨は腓骨(ひこつ)と言われる骨の一端で、反対側は外踝(そとくるぶし)です。
この脛腓関節は股関節や、膝関節と比べ動きは地味です。
地味という事は元々動く様にはなっていないという事です。
動く様になっていないといっても不動関節ではなくれっきとした可動関節です。
ただ動きの範囲が小さいので地味という表現をしました。
これら3つの関節、股関節、膝関節、脛腓関節を下肢の運動で調整すると、自ずと動く範囲が違います。
この部分を体操をする時は気を付けないといけないという事です。
関節は柔らかい部分から動いて筋肉は強い部分から働く。
これが運動の法則です。
自分の体の状態をしっかり把握していないと、良かれと思ってやっている体操がかえって癖を作ることになります。
ご自分で体操をやる場合は、最初のうちは必ず鏡を見ながら左右の動きが均等になっているか、チェックをしながら行うと良いでしょう。
 

膝下O脚の出ている骨を引っ込める体操

膝下O脚の方が特に気にしているいところが、膝の下の外側の骨です。
この骨は腓骨(ひこつ)と言って、ずーとたどって行くと外踝(外くるぶし)に行き当たります。
この骨が出ているだけで膝下O脚がさらにひどく見えてきます。
ですからこの部分だけでも改善するとかなり見た感じがすっきりとします。
やり方は簡単です。
動画を見ながら是非やってみてください。
効果の割には地味な体操ですがテレビを見ながらお風呂に入りながらできますので、ぜひ気長にやってください。
やる前と体操をやった後鏡で確認するとなんとなく、すっきりしているのがわかると思います。
動画ではこの腓骨だけの説明をしていますが、そのままふくらはぎの部分に移動して行っても構いません。
いろいろ工夫してみてください。
個人差があるので工夫をしてやってみて、体操後にふくらはぎの外側の部分がすっきりしていたら成功です。