X脚矯正を望む人が意外と多い

X脚矯正を望む人が意外と多い

美脚への道と題して 話しを書きます。

美脚というと直ぐに出てくる言葉がO脚矯正、X脚矯正、
下半身太り 等が出てきます。

きれいになるという意味の「美脚」ですが
コンプレックスの部分ばかり
クローズアップされていきます。

今回は「X脚」について書いてみます。

O脚矯正を専門にしていますが
実はX脚の相談も 良く受けます。

良く受けるというかO脚を治しに来られた方か
実はX脚であったという事も 実は多いことです。

O脚というのは 膝の間が空いているので
見たまんまなので 良く分かります。

X脚というのは 膝は付いているけど・・・。
という事になります。
膝までは付いているが 膝下が開いている方
この様な人は実は とても多いようです。

今回はこの方と似ているのですが
足先も開いている方を X脚と定義します。
X脚も膝はついているが 足先が離れている方と
脚の付け根(股の部分)も 空いている方もおられます。

見た目はまるで 正反対の様ですが
共通点がある場合もあります。

それは何かと言うと、 膝の向きです。

O脚の時お話ししましたが 膝のお皿(膝蓋骨)の向きです。

膝のお皿が 内側に向いている方は
X脚であっても 機能的なX脚として 判定します。

このタイプのX脚は 改善する可能性が大きいです。

 

X脚・O脚、美脚矯正専門整体院
健康塾SBバランス整体院

骨盤の横の骨が張り出しているのはかくれX脚

骨盤の横の骨が張り出しているのはかくれX脚

X脚にしろ、O脚にしろ
共通の悩みとして、
訴えられるのが
骨盤の横の骨の出っ張りです。

 

この骨は、大転子(だいてんし)
といって大腿骨(太ももの骨)の
一番上の外側の部分です。

 

X脚も、O脚も
器質的でない限りは
かなりの確率で
この大転子が
出っ張って見えます。

 

それは、X脚も、O脚も、
その原因が
大腿部の内旋によることが
多いからです。

 

本来は真横よりやや
後ろ側に在るものが
内旋にともなって
位置が変わっているためです。

 

ですから、X脚であっても
機能的なものであれば
この大腿部の調整を
することにより
かなりの改善が見込まれます。

 
本質的にいえば
何故内旋したかの方が
問題と考えていきます。

 

その部分にまで
考えていなかったら
原因の解除まで
行き着かないので、

 

本当の意味での
X脚を改善したことには
ならないと健康塾では、
考えます。

 

X脚・O脚、美脚矯正専門整体院
健康塾SBバランス整体院

子供のX脚について

子供のX脚について

子供のX脚について
時々相談を受けます。

就学前のお子さんの場合は
実は判定がとても難しく
なります。

何故ならば
ご両親が自分の子供を見る場合
思い込みがかなり有るからです。

3、4才の頃は、
成長の途中なので
結構な割合でX脚です。

小学生になって
段々本当のX脚かどうか
確定してきます。

ケースバイケースですが、
ほとんどの場合は
それからでも
大丈夫だと思います。

どうしても他人のお子さんと
比べて見てしまいますので、
差異があれば
気になってしまうのが
これまた親心でしょう。

勿論将来のことを
考えるのであれば
姿勢の方を良く観察
するべきだと思います。

背骨の歪みの方が
将来のX脚、O脚に
およぼす影響が大だと言えます。

健康塾SBバランス整体院

子供のX脚から体の本当の歪みを見つける

子供のX脚から体の本当の歪みを見つける

子供のX脚について
時々相談を受けます。

就学前のお子さんの場合は
実は判定がとても難しく
なります。

何故ならば
ご両親が自分の子供を見る場合
思い込みがかなり有るからです。

3、4才の頃は、
成長の途中なので
結構な割合でX脚です。

小学生になって
段々本当のX脚かどうか
確定してきます。

ケースバイケースですが、
ほとんどの場合は
それからでも
大丈夫だと思います。

どうしても他人のお子さんと
比べて見てしまいますので、
差異があれば
気になってしまうのが
これまた親心でしょう。

勿論将来のことを
考えるのであれば
姿勢の方を良く観察
するべきだと思います。

背骨の歪みの方が
将来のX脚、O脚に
およぼす影響が大だと言えます。

健康塾SBバランス整体院

 

X脚の原因「器質的なX脚」と「機能的なX脚」

X脚の原因「器質的なX脚」と「機能的なX脚」

X脚にも器質的X脚と 機能的X脚があります。
この辺りのことは O脚と同じと言えます。

 

O脚とX脚見かけ上 まったく正反対の様に見えますが
機能的な部分になると 元の原因は 同じ分類に入るものがあります。

 

それが機能的な X脚であり、O脚です。

 

どこに問題があるかというと
骨盤の下の部分 坐骨間の状態に その判定をします。

 

大腿部が内旋(内ねじれ) することによる
見かけ上の脚の変異と考えます。

 

変異であり 器質的な変形は その中に含みません。

 

ですから この範疇に入ると 改善する可能性が
ぐっとアップします。

 

では器質的なX脚は 改善しないのか
という話になりますが ケースバイケースですが
機能的X脚と比べると
改善率は残念ながら 低くなってきます。

 

どちらにしても少しでも
早く改善への道を
歩んだ方が良いのは
間違いありません。

 

X脚は体の歪みから治す

X脚は体の歪みから治す

X脚の場合は
歩く時に不自由を感じる人が
結構いてます。

 

それは何かというと歩くときに膝と膝が
擦れる(当たる)という場合です。

 

ここまで極端な
X脚はそんなに多くはおられませんが
何となく擦れて歩きづらい
という方は結構おられます。

 

この様な場合
骨盤の開き具合を
見ていきます。

 

更にX脚に大きな影響があるのが
大腿骨頚と骨体の角度(頚体角)です。

 

通常は125度ぐらいですが
鋭角になるほど
X脚の度合いが悪くなってきます。

 

度合いが悪いと書きましたが
悪いという表現は
ちょっと違います。

 

鋭角の方かよりX脚です。

ただしこれだけの問題でなく
身体(骨盤、背骨)等の
バランスも関係してきます。

 

X脚、O脚その他
体の痛み歪み全部そうですが
その部分だけが悪い
ということはありません。

 

どこかに不都合が起こると
それを補正する機能があります。

 

しかし、その補正機能が
働かなかったり度を越えてしまうと
いろいろ出てきます。

 

X脚という膝周りの事であっても
全体の事(バランス)を
考えた方が良いという事になります。

 

1

X脚とO脚の比率は1:5

X脚とO脚の比率は1:5

美脚矯正に来られる方の
X脚とO脚の
比率をいうと1:5です。

 

X脚を専門に調整を
して所は少なく
ホームページ経由で
良く来られます。

 

X脚も器質的なものと
機能的なものがあります。

 

器質的というのは
形(骨)が変性して状態
機能的というのは
形の変形はなく
状況が変わっている状態
と考えます。

 

ここでいう状態というのは
関節の状況をいいます。

 

骨自体の変形の買は
改善は難しい部分がありますが
かなりX脚に見える方でも
実は機能的なX脚で
改善していく例もあります。

 

改善していくポイントは
勿論骨の形や
関節の状況も関係しまが
意外に大きな要素を占めるのが
体の柔軟せいです。

 

立った状態で
X脚でも
寝た状態(脚に重力がかからない状態)で
よく見るとまっすぐな脚
という方が結構おられます。

 

これはO脚の場合でも
言える事ですが
この様に状態のX脚(O脚)の場合は
機能的なX脚である
ことが多い様です。

 

つまり改善する可能性が
大という事です。

 

 

X脚とXO脚の違い

X脚とXO脚の違い

健康塾に美脚の矯正に
来られる方の比率は
X脚:O脚が1:5です。

 

O脚の中で
XO脚をX脚の範疇に入れると
その比率は1:1になります。

 

この数字をX脚も多いなぁと
捉えるかもしれのせんが
私は人の脚は多様だなぁ
と考えてしまいました。

 

実際カウンセリングを
している時でも
クライアントの訴える
部分もそれぞれ違います。

 

クライアントとしては
女性がほとんどなので
機能面より審美的な
訴えをする方の法が多いようです。

 

X脚、O脚の方は
骨盤の横の骨が
広がる傾向にあります。

 

この場合も
それによって
おこるであろう不都合より
「お尻が大きくてパンツがかっこ悪い」
」というような訴えになります。

もちろん美脚になろうとする
モチベーションは
コンプレックスが
大きな要因となります。

 

段々と年齢が上がってくると
将来対する不安となってきます。

 

将来
「膝が痛くなるのではないだろうか」
等です。

 

X脚やO脚イコール
膝の故障ではありませんが
X脚やO脚になるそもそもの原因が
身体の歪をつくり
膝痛をはじめ
様々な痛みの引き金にはなる
可能性はあります。

 

機能的な悩み審美的に悩み
どちらにしても
早く調整を始めたのは方が
効果が出るのも早くなります。

 

X脚でお悩みであれは一度
専門家の門をたたいて
みてはいかがでしょうか。

 

X脚の大元である足首の歪みを治すセルフケア

X脚の大元である足首の歪みを治すセルフケア

脚の改善に足首というのは
なんとなくわかると思います。

 

実はお顔の調整にも
足首は大活躍します。
 
というぐらい
足首は大事です。
 
 
足首と一口に言っても
今回問題にしているのは
脛骨(けいこつ)という骨と
腓骨(ひこつ)という骨でできる
 
 
コの字型のくぼみと
距骨(きょこつ)という
踵との間の骨との関節です。
 
この部分はきれいにはまっていると
足首がスムーズに曲がるのですが
多くの場合は内ねじれの
捻挫を繰り返しているので
 
ほとんどの人に
背屈(つま先上げる)動作に
制限が掛かります。
 
この制限は歩くときにも
影響があり
正しい歩行ができなくなります。
 
さらに左右の偏りがあると
長年の方法により
股関節、骨盤に補正作用が掛かり
結果として無理な力が掛かり
 
歪みやその結果としての
痛みが出てきます。
 
今回はその足首の歪を
調整するセルフケアです。
 
やり方は簡単です。
ゆっくり動画を参考に
お試しください。
 


X脚・O脚、美脚矯正専門整体院
健康塾SBバランス整体院