O脚・X脚から美脚への道「健康塾」

O脚とX脚を原因から考えて美脚に変えていく整体院

*

ゲゲゲの鬼太郎はO脚だった

   

阿倍野区整体健康塾の岡田です。

昔人気のあった漫画で
「ゲゲゲの鬼太郎」というのがあります。

オープニングの挿入歌で歌詞は
「♪カラ~ンコロン、カランカランコロン
♪カラ~ンコロン、カランカランコロン」
だったと思います。

これは鬼太郎が下駄をはいて
歩いてやってくる音です。

この下駄の音が
「カラ~ンカラ~ン」でなく、
「カラ~ンコロン」となっている。

これは右と左の足に違いがあるからで、
同じなら「カラ~ンカラ~ン」になるはず。

体幹部の重さが両足にかかっていれば
同じ音になるはずでが
多分違っているんだろうなぁと
いつも思っていました。

O脚で来られる人の中には
左右の歪みの違いがあって
ブーツを脱いだ後
そのせいで、ブーツが倒れる
というお話を前回しました。

もっとも、鬼太郎に関しては
アニメを見る限りには
どちらかというとX脚気味ですが・・・。

O脚に限らずどんな症状でも
一番最初は鏡の前で
立ち姿をチェックします。

O脚の方の場合は少し顔をまげて
膝のお皿の前後差がないか
見てもらいます。

約半数の人はどちらかの
お皿が後ろに行っている
場合があります。

膝の伸び具合に
左右差がある場合は
後ろにお皿がある側の足の方が
重症(より曲がっている)の
ことが多いようです。

過伸展(膝がへっこむ)で
内旋度(内ねじれの度合い)が
大きくなるからです。

当たり前ですが
こんな場合は左右同じに
調整をしたらダメでね。

こんな細かいところまで
しっかり見てO脚矯正をしています。

それがO脚矯正の専門院の特長です。

O脚矯正大阪の専門整体院
健康塾SBバランス整体院

O脚・美脚矯正専門「健康塾」
O脚大阪.com
阿倍野区昭和町駅前整体院院
電話番号:06-6622-4872

 - O脚症状, O脚矯正 男性, O脚矯正方法