O脚・X脚から美脚への道「健康塾」

O脚とX脚を原因から考えて美脚に変えていく整体院

*

O脚矯正の落とし穴 1

   

大阪阿倍野区昭和町駅前
健康塾SBバランス整体院
O脚マスター 岡田です。

今日はO脚の改善の
ポイントをお話します。

よくO脚の改善体操に
内転筋(太ももの内側の筋肉)を
鍛える類の体操があります。

クッションを挟んだり
する体操ですね。

あの体操はO脚を改善するためには
あまり役に立ちません。

もちろん内転筋自体を
鍛えるというのは
下肢を安定させるために
有効なのでスポーツを
する方には
とても大切な筋肉の一つです。

O脚は膝と膝の間が開いているので
なんとなく太ももの内側を
鍛えるとよいように思いますが

この内転筋というのは
膝と膝の間をつないでいる筋肉では
ないということです。

最もこんなところに
筋肉があると歩けませんが・・・。

このこの内転筋は
恥骨の下の部分と
太ももの骨を繋いでいる骨なので

役割としては
股関節を内側に寄せる
(内転という動作)働きはありますが
つまり開いた股関節を閉じるという
役割はあります。

しかし股関節が閉じてしまったら
筋肉は縦方向に走行しているので
膝にかかる力は
ほぼ0に近くなります。

脚を大きく開脚して
脚か動かないようにして
(足首を固定して)
脚を閉じようとする力を掛けると
いくらかは膝を絞める
役割はあるかもしれません。

しかし、
O脚を改善するには効果がありません
なぜならば
O脚の原因というのは
別にあるからです。

それは動画でお話しています。

 - O脚原因, O脚矯正のコツ