O脚・X脚から美脚への道「健康塾」

O脚とX脚を原因から考えて美脚に変えていく整体院

*

空中を歩く

   

大阪市阿倍野区O脚矯正専門整体院

「健康塾」の岡田です。

 

O脚のカウンセリングをする時

まず最初の見るポイントが

膝のお皿(膝蓋骨)です。

 

O脚の方はこの膝蓋骨が内側に

向いている人が女性の場合ほとんどです。

男性の場合位は正面と半々です。

 

膝蓋骨が内側に向いているというのは

下肢(太もも、ふくらはぎ)が

内旋(内ねじれ)しています。

 

膝から下がねじれている場合もありますが

ほとんどの場合足の付け根から

内ねじれになっています。

 

足の付け根からねじれるということは

どういうことかというと

股間節からねじれているということです。

 

おしりの左右にポコッと

出た骨があるのがわかりますか?

 

大転子(だいてんし)といわれる部分です。

この部分は本来は真横より

やや後ろにあるものです。

 

この大転子は股関節といわれる部分の

外側の部分で股関節が

内ねじれすることによって

横に張り出して見えます。

 

ですからO脚の方は骨盤が張っていると

訴える方が多いのです。

 

厳密にいうと骨盤が張っているのではなく

大転子が転位して張っているように見えるのです。

 

O脚矯正のポイントはこの大転子の位置を

元に戻してあげるということです。

 

話しを最初に戻しますね。

前回は膝が伸転位になるとき

外旋(外ねじれ)するのに

 

「O脚の原因は下肢の内旋」だ

といった部分です。

 

つまり伸展時に外旋するのは

空中で膝を伸ばした時です。

しかし歩くときは地面の上を歩きます。

これがヒントです。

 

続く

 - O脚原因, O脚症状, O脚矯正方法