O脚・X脚から美脚への道「健康塾」

O脚とX脚を原因から考えて美脚に変えていく整体院

*

O脚の人の靴は何故小指側が減るのか 大阪梅田

      2018/01/15

大阪梅田から地下鉄御堂筋線で
約20分でお越しいただけます。
地下鉄「昭和町」駅前美容整体院
健康塾SBバランス整体院

健康塾にO脚矯正に
来られる方の多くの場合
靴の外側が減るという方が多いようです。
 
 
これは当院に来られる方の特徴できなく
O脚の方の全般の特徴ともいえます。
 
 
靴の外側が減る理由として
言えるのが靴の外側で着地するからです。
 
 
O脚の方の足(足首)の特徴として
内反足の方が多いという事です。
内反足とは内側にねじれている
足の裏が内を向いてる状態です。
 
  
この原因として多いのが
小さい頃からの捻挫癖があげられます。 
原則として足首の捻挫(ねんざ)は
内反捻挫がほとんどです。
 
 
足首の構造上内側に
ねじれ易いようになっています。
 
 
膝の横にある骨と
外くるぶしの骨は腓骨(ひこつ)という骨で
離れていまず同じ骨です。
 
 
足首の外側には腓骨があるので
そちら側(外反)は起こりなくくなっています。
そちらの方に違が掛かると
捻挫ではなく骨折(剥離骨折)になることが多いようです。
 
 
ですからほとんどの方は
内ねじれ捻挫を起こし
そのまま腓骨が下がって
足首の反対側である
膝の横の腓骨頭が横へ張り出して来ます。
それがますますO脚の度合いを高めていきます。
 
 
膝の間が開いているO脚を
改善するのに足首の調整が
重要なのはその様なわけです。

O脚・美脚矯正専門「健康塾」
O脚大阪.com
阿倍野区昭和町駅前整体院院
電話番号:06-6622-4872

 - O脚分類, O脚原因