O脚・X脚から美脚への道「健康塾」

O脚とX脚を原因から考えて美脚に変えていく整体院

*

膝下O脚のセルフケア2 大阪阿倍野区「健康塾」

      2017/01/16

膝下O脚を
ひどく見せてしまうのは
腓骨であるというお話を昨日書きました。

この腓骨は大腿部を
支えていることはあまりありません。

横へのサスペンションの
役割をする話は
昨日の膝下O脚原因をご覧ください。

そしてこの腓骨が
飛び出すもう一つの原因が
足首の捻挫です。

そもそも捻挫は
内反捻挫しかしないといっても
過言ではありません。

日の理由は足の構造上
内反しやすいという事があります。

外反(外返し)への動きもありますが
外反に対してはこの腓骨の外踝の部分が
ストッパーの役目をします。

そしてある程度以上の力が加わると
捻挫の前に骨折します。

骨折といっても
ポキッと行くのではなく
じん帯や筋肉の付着部の
骨片が剥離する
剥離骨折になります。

ですから足首の捻挫といえば
ほとんどが内反捻挫です。

内反捻挫が起こると
外くるぶしが下へ引っ張られます。
この外くるぶし自体が
腓骨そのものなのです。

外踝が下方へ引っ張られると
ひこつじたいが下方に下がり
腓骨骨頭(膝の横の骨)が
外下方へずれていきます。

そのずれがきちんと
治さないまま癖になると
腓骨の一がずれます。

腓骨と脛骨の関節面は外下方となり
結果的に膝の横の飛び出した
状態になることが
結構あります。

ですから健康塾では
O脚矯正の時足首の歪を
重要な調整ポイントに置いています。

今回はその出張った骨を
引っ込める体操です。
是非動画をご覧ください。

 - O脚体操, o脚矯正