O脚・X脚から美脚への道「健康塾」

O脚とX脚を原因から考えて美脚に変えていく整体院

*

目線を上げて無理やり良い姿勢をとると中々O脚矯正が成功しないわけ

   

良い姿勢というと
胸を張ってシャキッと
立っている姿をイメージします。

確かに見た感じ良く見えます。

しかし、その姿勢に
落とし穴があると考えます。

本当に良い姿勢の人も
確かに居ることはいますが
多くの場合は
良い姿勢っぽい人が
ほとんどです。

何故かというと
我々の作業は
体の前ですることが
ほとんどだからです。

するとまず肩の位置が
前に出て
背中(胸椎部)が丸くなります。

元々胸椎は後弯といって
後ろ側にカーブを描いています。

そのカーブは下へ降りて行って
腰の部分(腰椎)に行くと
今度は前カーブとなっています。

それを生理弯曲と言います。
ちなみに、首の骨は
ゆるい前カーブです。

日常生活の中で
体の前での作業が
継続的に起こることによって
肩が前に入り通常より
胸椎が後ろへカーブします。

それを真っ直ぐしようと
背中を伸ばすのですが
胸椎が伸びる前に先に
腰の骨が反る構造になっています。

ですから一生懸命
良い姿勢をしているつもりで
どんどんバランスを崩しています。

自分が良い姿勢を
とっているどうかは
ほとんど感覚です。

その時に一番使われるのが
視覚情報です。

簡単にいうと
目で見て真っすぐを意識するです。

目線で姿勢調整しても
動いているは首と腰の骨で
肝心の胸椎(猫背の部分)は伸びてくれません。

その姿勢はO脚を改善するのに
一番邪魔をします。
その訳は・・・。

O脚・美脚矯正専門「健康塾」
O脚大阪.com
阿倍野区昭和町駅前整体院院
電話番号:06-6622-4872

 - O脚体操, O脚原因, O脚改善のポイント, 美容整体, 美脚